〇司法書士業務の内容 

目次

・相続登記

・売買、住宅ローン登記

・抵当権抹消登記

・贈与登記

・農地の登記

・建物滅失登記

・その他不動産登記

・お手続きの流れ

・費用の目安

~不動産を相続して名義変更したいとき~ 

 →相続登記

 ※相続人間で話し合いがまとまらない、相続人が不明、といった場合もご相談ください。

  相続登記については以下の記事もご参照ください。

  ※和歌山の相続登記について(2)相続登記に必要な書類

  ※和歌山の相続登記について(3)相続登記の費用

  ※相続登記全般については→こちらの記事←もご参照ください。

~一戸建てやマンションを購入、売却したとき~

 →売買登記、住宅ローン登記

 ※仲介会社を入れない個人間での売買も、契約から登記完了まで対応可能です。

  売買登記については以下の記事もご参照ください。

  ※和歌山の売買登記について(1)宅地や中古家屋の売買登記の手続き

~ローンを完済して担保を抹消したいとき~

 →(根)抵当権の抹消登記

 ※抵当権の抹消書類をなくしてしまった、といった場合もご相談ください。

  抵当権抹消登記については以下の記事もご参照ください。

  ※和歌山の抵当権抹消登記について(1)昔の古い抵当権の抹消

~妻や子などに生前贈与したいとき~

 →贈与登記

 ※贈与税や相続税への不安がある場合にもご相談ください。

  贈与登記に必要な書類や登記税、贈与税などについては以下の記事をご参照ください。

  和歌山の贈与登記について(1)親族間での不動産の名義変更について

  ※和歌山の贈与登記について(2)贈与登記に必要な書類など

~田や畑などの農地を売買したいとき~

 →農業委員会の許可、売買登記

 ※農業委員会の許可が必要となりますのでご相談ください。

~建物を取り壊したとき~

 建物滅失登記

 ※弁護士資格がありますのでワンストップで行います。

~その他不動産に関する登記全般~

 →表示登記や分筆・合筆登記等は土地家屋調査士と連携して行います。

※相続登記以外の不動産登記全般については→こちらの記事←もご参照ください。

※不動産に関する紛争やトラブルのご相談の場合はこちらへ→なかむら法律事務所(弁護士)ホームページ

 

〇お手続きの流れ

  1. 対象不動産の権利証、固定資産税明細書などをご用意いただきます。
  2. 当事者本人にご来所いただき、本人確認、意思確認、費用の見積もりをさせていただきます。
  3. 当方で作成した委任状等の書類に署名捺印し、費用のお支払いをしていただきます。
  4. 当方で法務局に登記申請し、一週間程度で登記が完了します。
  5. 新しい権利証等の登記完了書類をお渡して手続き終了です。

※ご依頼者様に特にしていただくことは、本人にしか取得できない書類(印鑑証明書など)をご用意していただくことです。

〇費用の目安はこちら→司法書士費用について←